DMMFXの特徴、評判について【DMM FX MINI等のトレードツールをみんなのFXと比較、検証】

DMM.com証券は、取引システムが扱いやすく、またドル円などの通貨ペアもスプレッドが業界最狭水準となっている事から人気の証券会社になっています。

FXに関心がない人でもタレントのローラさんが出演しているCMだと言うと分かって貰える、浸透度があります。

最近のFX人気も影響し、2015年3月末時点で、FX口座数で国内第1位に選ばれるほど支持を得ています。DMM.com証券を開くと、まずシンプルで見やすいホームページが印象に残るはずです。全体が白基調で見ていても不快に感じる事もなく女性や高齢者でも好印象でしょう。続いて、実際の取引に入ります。

DMMFXの3つの注文システム

初めてログインすると取引ツールを選択する事になります。パソコンから取引する場合は

  • DMM FX PLUS
  • DMM FX ADOVANCE
  • DMM FX MINI

この3つから選択が可能になります。

最初のFX PLUSは機能が豊富でカスタマイズが容易なので、他の業者から移った人でも不満を感じる事はなく、初心者から上級者まで利用しやすいです。

続いてFX ADOVANCEは、PLUSから余分に機能を省き取引を1画面に集約したものです。PCのスペックが低くても不満なく取引可能です。

最後のFX MINIは注文・決済画面のみのストリーミング注文に特化した画期的なシステムです。極限まで軽くしたので、重さで不満に感じる事はないでしょう。

DMM FX PLUSを使った感想、特徴について みんなのFXと比較

この取引システムを使ってみた率直な感想は、私が普段使っている証券会社「みんなのFX」の取引システム「FX TRADER 2」と瓜二つだと言う事です。画面を開き、メニュー・画面管理・レイアウト・設定(その他)の配置がまったく同じなので違いを見つける事が困難とさえ感じます。

参考:みんなのFXの特徴、評判について ~バイナリーオプションも可能なFX会社~

敢えて言うと、レイアウトでの画面保存数や設定画面での多少の違いはありますが、それが取引に影響が出るほどとは到底思えません。そこで肝心の取引時と違いを見つけようと、どちらも米ドル/円の注文画面を開いたのですが、スプレッドが0.3で売・買値もほぼ同じ数値を表示しています。

取引注文に関しても違いがありませんが、標準のレイアウトでは若干「FX PLUS」の方がすっきりとして好印象を抱きました。それはチャートの表示位置が違うので、そこが私好みだったのでしょう。

DMM FX ADOVANCEを使った感想、特徴について

このFX ADOVANCEは同じく「みんなのFX」の「FX TRADER」とまったく同じに取引システムになります。

会社ロゴの位置からニュースやチャート、注文画面の配置までまったく同じになります。しかし同じシステムに不満がなければシンプルで操作がしやすいので、取引を長時間行う人にはおススメだと言えます。

会社毎の個性はありませんが、それで不満に思う人も多くないでしょう。チャート上からの注文は、FX PLUSと違ってできませんがテクニカル指標が表示可能となっています。

DMM FX MINIを使った感想、特徴について

これは有る意味で画期的な取引システムで、DMM.com証券のオリジナルだと思います。他に似たシステムを採用している会社は少ないと思います。

注文・決済画面のストリーミングのみなので非常にシンプルで軽く、操作に対して最も反応が良いです。他のニュースサイトや動画を見ながら、しかし値動きだけは確認したい人には最適でしょう。みんなのFXにもシンプルな「FX WEB」というものがありますが、それよりも圧倒的に良いと思います。

本当に違いはないのか、実は大きな違いがあります!

ここまで、似ている証券会社としてトレイダーズ証券「みんなのFXの取引システムと比較してきました。

その結果、取引システムがまったく同じなので「みんなのFX」で口座開設していたら、DMM.com証券で口座を開設するメリットがないと感じると思います。しかしそれは間違いです。

なぜなら、DMM.com証券には十分な投資家を惹き付けるメリットがあり、それは取引応援ポイントが付く事です。これは新規建数毎につき、また月間取引実績でランクが上がると、さらにポイントが付与される画期的なものです。

同じ取引システムの「みんなのFX」には、このサービスがないので断然お得だと言えます。この貯まったポイントは1ptが1円なので、小遣い稼ぎにもなります。FXと似ている投資でCFDという取引があり、DMMではその取引でもポイントが貰えるので、お得感は倍増です。

DMMFXのデメリット

しかし、DMM.com証券にも弱点があります。それは、みんなのFXと比較して

  • 1000通貨取引なし
  • 食べ物が貰える食品キャンペーンなし
  • スワップポイント低いこの3点が大きな違いです。

特に初心者など少額でFX取引をしたい場合は1万通貨単位よりも1千通貨単位の方が資金管理が出来ます。また食品キャンペーンがない事も残念に思う人が多いはずです。

さらに、長期投資のスワップポイント目的なら、例えば豪ドル円の1万通貨で

みんなのFX…買い43円  DMM.com証券…買い37円

となります。他通貨でも同様に数円以上離れているので、何ヶ月も何万通貨単位で建てるなら、その差は歴然となります。これらを総合的に判断すると取引ツールなら、ほぼ同じなので甲乙甲乙付け難く、初心者なら「みんなのFX」で取引ポイント狙いなら「DMM.com証券」だと言えます。

口座開設は以下よりどうぞ
FXならDMM.com証券

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください