トルコリラFXをするならヒロセ通商がおすすめ【スワップが高く、スプレッドも狭い】

ドルやユーロに比べると、マイナーな通貨であるトルコリラ。

扱っているFX会社も限られ、難しい通貨と思われがちですが、高金利、最安値水準で投資妙味が増しています。トルコリラ/円を得意としている、ヒロセ通商で取引するメリットをご紹介しましょう。

TRYFX
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3

トルコは若年人口比率が高く、これから経済成長が期待できる新興国です。かつてオスマン帝国時代には、東洋と西洋の貿易中継点として栄えました。親日国家としても知られ、日本との交流も盛んなことから、外交面でも良好な関係にあります。財政面でも2013年度の財政赤字が名目GDP比で1.5%という低い水準で、中東の中では比較的安全な投資先といえるでしょう。

ハイパーインフレに陥り、一時は政策金利が16.75%(2008年)まで上がりましたが、現在はインフレ率も低下してきたことで、7.5%程度に落ち着いています。

そんな魅力的なトルコリラですが、扱っているFX会社は限られています。2016年1月20日現在では下記の通りです。

トルコリラを扱っているFX会社(50音順)

IG証券、インヴァスト証券、FX トレーディングシステム、FXトレード・フィナンシャル、OANDA Japan、岡三オンライン証券、外為どっとコム、サクソバンクFX、GMOクリック証券、セントラル短資、ヒロセ通商、マネー・スクウェア・ジャパン、楽天証券

この中でおすすめはヒロセ通商

ヒロセ通商のTRY/JPYのメリット

ヒロセ通商はどんなところが良いのでしょうか。

まず、FXの取引で重要なのは取引通貨単位です。

上記の取り扱いFX会社において、トルコリラ円の通貨単位は1,000、10,000がほとんど。10,000通貨単位の場合ですと、投資額は約40万円となるため、少額で始めたい方は参加することができません。

その点ヒロセ通商は1,000通貨単位ですので、トルコリラでも約4万円から投資が可能です。トルコリラ/円への投資は初めてという方に適したFX会社といえるでしょう。

スプレッド(交換コスト)も低く、4.9銭(2015年10月21日現在)で業界最安水準にあります。ドル/円と違い、トルコリラ/円はFX会社によって、かなりスプレッドに開きがあるので注意が必要です。

高金利のスワップポイント運用が可能

FXでは金利差を活かしたスワップポイント運用をできるのが大きな魅力です。2国通貨間の金利差が大きいほどスワップ狙いの投資家には有利になります。

具体的に見てみましょう。現在のトルコリラの金利は7.5%(2015年12月現在)の超高利回り。一方で円は0.1%とゼロに等しい水準にあります。両国の金利差は7.4%ですので、10,000通貨で運用した場合、1日あたり115円のスワップポイントを得ることができます。1か月で3,450円、1年で41,975円の金利収入となり、超低金利の現在では極めて高いパフォーマンスが期待できます。

ただし、スワップポイントは変動しますので、購入時には最新の数字を確認することが必要です。もっとも、トルコリラと円の金利差が逆転することは当分ありませんので、多少の変動は気にせず、外貨預金代わりに金利収入を狙うのも手堅い投資法といえます。

参考:トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。

トルコリラ/円は最安値水準の今が投資チャンス

トルコリラ円のチャートを見てみましょう。

TRYFX2https://site1.sbisec.co.jp/

トルコリラ/円は現在歴史的な安値水準にあります。2007年には100円を付け、直近の高値が43.353円(2015年11月20日終値)。トルコリラの金利低下とともに相場水準もどんどん切り下がり、ついに40円を割り込んできました。

現在のトルコリラ/円は、39.1495円(2016年1月25日終値)です。ここまで来ると、ほぼ底値圏と考えて良いでしょう。今後も両国間の金利差が相場を下支えする要因となるため、下値不安なしに上値が期待できる投資チャンスが近づいています。

まだ投資したことがない方は、トルコリラ/円投資に有利なヒロセ通商で、初挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

口座開設は以下よりどうぞ。
トルコリラ円FXにおすすめのヒロセ通商

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください