FXでナンピンが利益を失いやすい理由について

ナンピンという言葉は、株の世界でも為替の世界でも使われるものですが、漢字で書きますと、難平と書くのです。正に難を平らにするということでこう呼ぶようで、金融市場の世界で使われる前の江戸時代から使われている言葉となっているのです。

思惑に反した局面で損失を回避する目的で買い増しや売り増しをするという意味の言葉だそうですが、それが流用されて使われるようになったものと思われます。金融の世界では下手なナンピンすかんぴんと罵られるように、だいたいがやってみても儲からない手法の一つになっているのです。

損失を平準化できるナンピン手法だが

確かにナンピンをすれば損失を平準化できる可能性が高まるため、ついやってみたくなるものですが、実際の市場状況ではトレーダーの思惑と異なり、さらに相場が下がってしまったりするとすべてのポジションが串刺しになってしまい、想像以上に大きな損失を被ることになってしますのです。

いかに証拠金を減らさないかが取引の基本となっているFXでは、こうした手法はリスクを大きくするだけになってしまうため、多くの人達がナンピンによる取引を薦めないのです。

たしかに何回かに1回はナンピンの手法で救われ、利益を回復させることもできるのですが、多用すればかならず損失を拡大させる場面に出くわすことになってしまいます。株でも為替でもこれだけ多くの人がナンピンを薦めないということは、それぐらい失敗事例が多いことを示唆しているのです。

どうしてもナンピンをするのであれば自主ルールを徹底

それでもどうしてもやるということであれば、1回だけとか、何PIPS下がったらすべて切るとかといった厳密な自主ルールを徹底して適用していくことが必要になります。いくつものナンピンを重ねることはかなりのリスクになりますし、大きなレバレッジのときに利用するのは命取りになりかねません。確実にレンジ相場のようなときにはある程度の回復させることも可能とはなりますが、やはりかなり限定的な利用にしていくことがリスク低減のためには重要です。

FXの世界では先駆者がやってみて駄目だったということを覆して利益に結びつけられるトレーダーはほとんどいないのが実情です。それぐらい多くの人が失敗しているのがナンピンの手法なのです。ただ、相場が上昇していく際にポジションをいち早く買い増していくという方法は十分に考えられます。こちらは必ずしもナンピンとは呼ばないようですが、利益が確実に上がりそうな状況で買い増しをすることはありえる方法であると言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください