南アフリカランドのスワップはどうなる?ZAR/JPYのスワップの高いFX会社とは

南アフリカランドの投資対象としての魅力は何といっても、スワップ金利の高さが魅力だと考えております。

例えば、ランド円10万通貨(SBIFXTRADEのレバレッジ25倍であれば、必要証拠金は3万円程度)で、1日当たり120円~130円のスワップポイントが得られます。

これは、月換算で計算すると、3600円~3900円、年で計算すると、43200円~46800円となります。

例えば、ロストカットを計算し、10万通貨、口座保有金50万円、2016年1月時点でのレート7円10銭程度で購入したとなると、50万円の投資で、年間43200円~46800円程度のスワップポイントが得られますので、投資年間利率は8%を超えているものとなります。

ここまで投資効率の良い金融商品はおそらくあまりないかと思います。
※但し、今後南アフリカランドが、値下がりし、1ZAR=2.20円以下になった場合は、上記のケースについては、強制ロスカットされてしまいます。(ロスカット50%の場合)

スワップ狙いの南アフリカランド円投資での強制ロスカットの可能性

そして、この上記で記載した「強制ロスカット」ですが、言い換えれば、「南アフリカランドが、2円以下になる確率はあるのか?」ということになります。

これについては、投資をする上で「判断材料」となることかと思います。私の見解では、充分あり得るかと思います。(私も2016年1月現在、12万通貨保有しており、気持ちとしてはこれ以上下がって欲しくないのですが・・・。)

というのは、実はこの南アフリカランドは、1980年台の時は、1ZAR=300円を付けていた時代もあったのです。そして、2016年1月に入ってからは、7円台を彷徨い、あっという間に最安値6円前半台を付けるぐらいの勢いで、下落しております。(尚、2016年1月11日の最安値は6.30円台でした。)

南アフリカランドチャート2016

南アフリカランド月足チャートです。下落の勢いが激しいことがわかります。

リーマンショック時の最安値7.62円をあっさり割り込む

2016年現在の値段は、世界の金融危機であった、8年前のリーマンショック後の最安値である7.62円を大きく下回る下落ぶりです。

実は、多くの投資家達(特にFXに参加している日本人投資家)は、「いくらなんでも、この7.62円を割るはずはないのではないか?」ということで、10円~12円程度で結構買っている人がいるようです。(2010年はワールドカップ開催の効果により、11円~12円をうろついていた。)

おそらく今回の想定もしない勢いの下落により、強制退場(ロスカット)された投資家もいたのではないでしょうか。そして、これからもこの下落は続く可能性は十分に残されています。

南アフリカランド暴落の原因

これは、世界情勢というよりも、この南アフリカランドの情勢に問題があると思います。

現在、この南アフリカランドは、経済的にも、政治的にも非常に混乱している状態であると言えます。2015年12月末には、現大統領であるズマ大統領に対する不信感から、辞任を求めるデモがあったり、失業率についてもいまだ20%を超えている「不安定な国」ということを認識して、投資を行うべきです。

この記事を見てくれている皆さんには、そういった「リスク」を十分に理解したうえで、投資をして頂ければ幸いです。もっと言ってしまうと、積極的には、お勧め出来る国ではないと考えております。(このまま行ったら破たんする可能性もあるのでは?と、私は毎日チャートを見ながら思っております)

この南アフリカランドを購入する上で、スワップポイントとして、有利なものは以下の会社になります。是非、参考にしてください。

南アフリカランドにおすすめのFX会社(2016年1月現在)

SBI FXトレードスワップポイント 12円
※私が利用しているものです。1通貨から細かく設定できるので、一番お勧め出来ます。また、ロスカットも50%を割りこむまで発動しませんので、長期保有向きだと思います。

ゲインキャピタル・ジャパン:スワップポイント 16円
※現在、FX会社で一番高いスワップポイントです。取引単位も1000通貨から出来ます。

YJFX(外貨ex):スワップポイント 12円
※現在、新規口座開設で最大24000円のキャッシュバックのキャンペーンを行っています。南アフリカランドの通貨最低取引単位は1万通貨からです。

参考:目指せ!FXでスワップ金利生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください