トルコリラをFXで買って本当に儲かるのか【トルコリラにおすすめのFX会社とは】

最近高金利通貨としてトルコリラが非常に注目されるようになっており、国内の業者でも多くが扱い始めています。

ただ、確かに高金利であることは間違いありませんがいくつかの注意事項があることも事実なのです。

スプレッド幅の広さ

1つはスプレッドについてです。通常8銭から22銭ぐらいのスプレッドを要求されるところが殆どです。

すなわち1万トルコリラを購入したときに800円から2,200円のコストがかかってしまうということです。これはスワップポイントがつくといってもかなりきつい設定といえます。

またスワップポイントについては買いで20円から111円程度を設定しているところがあり、業者選びは非常に大事だということになります。

トルコリラのスワップが安定して高いのがヒロセ通商でスワップは80円~110円ほど(2016年~2017年)でスプレッドは4.9銭とコスト面でも優秀です。

⇒トルコリラFXならヒロセ通商

流動性リスク

また、取引がまともにできるのはロンドンとニューヨークタイムだけで、オセアニア、東京時間はまったく流動性がなくなりますので取引をすること自体が大きなリスクになってしまいます。

しかもなにかあると市場は一斉に同じ方向に動き出しますから、かなりリスクの高い通貨であることは間違いありません。

果たしてこれでFXの取引対象として適切なのかどうかについてはもう少し冷静にチェックする必要がある状況です。

またスプレッドやスワップポイントから見て有利に取引できる業者をいかに選定するかもかなり重要になりそうです。原則固定といわれるスプレッドも場合によってはウルトラワイドになることはほぼ間違いない通貨ですから、ポジションを持つこと自体がかなりリスクになります。

しかもスプレッドの金額が尋常ではありませんから、よほどよく考えた価格で参入しませんとスワップ金利をもらっただけではまったくペイしない可能性もあり、難しい側面を沢山かかえた取引になることは言うまでもありません。

参考サイト:トルコリラFXで高スワップ収入を稼ぐ

高スワップ狙いであれば南アフリカランドもおすすめ

同様の通貨としては南アフリカランドがありますが、まだこちらは多少の取引があるので救われている部分もあるといえます。南アフリカランドであればスプレッドも1銭以下であるところがほとんどですし、スワップも高くつくところであれば140円前後つきますので同じリスクをとるのであればランドのほうがいいでしょう。

参考:南アフリカランドのFX投資で少しずつスワップ収入を得ています

こうした新興国通貨ペアの話はよく出てくるものではありますが、本当に儲かるタイミングとしては一旦暴落するなど底をつけて戻してくるときといった特別な環境がお膳立てされてないとなかなか大きな利益にはつながらないようにも思えます。すべては投資家の判断によるものとなりますが、少なくとも飛びつく前に一定期間チャートぐらいはチェックしてから売買をはじめるといった準備はしておく必要がありそうで、着の身着のまま気分で売買することだけは避けたほうがいいでしょう。

追記2015年10月:トルコリラの市場が整備されました。トルコリラにおすすめのFX会社とは

2015年5月にくりっく365にトルコリラが上場し、取引環境が整備されてきました。

参考サイト:くりっく365のトルコリラ円FXのスワップ金利が高い!【くりっく365におすすめのFX会社】

くりっく365であれば、トルコリラでもスプレッド約5銭とコスト面もかなり改善されてきました。

そして、何といってもスワップの金額が120~125円出ており、現在トルコリラが42円ほどであることを考慮すると年間利回りは10%を超えてきています。

くりっく365はどのFX会社でもスワップ・スプレッドの条件が同じなのですが、手数料無料でかつ、トレードツールが使いやすいGMOクリック証券がおすすめです。

とはいえ、くりっく365は取引単位が10,000通貨ごとでしか取引ができないので、取引ボリュームが大きくなり、レバレッジもかかってしまうと、リスクが高まります。

そこで、さらに調査をしてみたところ、ヒロセ通商であれば1,000通貨からトルコリラが取引できることがわかりました。

ヒロセ通商はトルコリラを1,000通貨から取引することができ、かつ、スワップも115~120円とくりっく365に劣らないパフォーマンスがあります。また、スプレッド4.9銭となっており、この点では他の会社より優っています。

1,000通貨であれば、少額資金からでも少しずつ積み立てることができ、リスクを低く高スワップ狙いの投資をするには適しています。

参考:トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。

海外FX会社XMでドルトルコリラをトレード

また、ドルトルコリラであれば、海外FX会社を利用するという手法もあります。

私事で恐縮ですが、海外FX会社XMでドルトルコリラをトレードし、稼ぐことができました。

参考:XMでドルトルコリラをハイレバレッジでトレード

海外FX会社はハイレバレッジができますので、1,400円足らずの証拠金で12日間で40,000円も稼ぐことができ、トルコリラのスワップの高さを実感しました。射幸心を煽るつもりはないのですが、海外のFX会社は日本と違い、ゼロカット方式というものを採用しており、追証負担が無いため、ギャンブル感覚でトレードすることができます。

日本のFX会社では激しく為替が動いたときネトビをして負債を抱えてしまうことがありますが、海外では追証は会社が負担してくれますのでそういう意味では海外のFX会社のほうが安心と言えますね。

参考:追証を求められないゼロカットの海外業者は本当に便利?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください