日本国内FX会社で呑み業者はいるのか?

呑み業者という存在がFXの業界では話題になることがあります。

これは顧客との取引をカバー先に出さず、取引数字はインターバンクからのものにスプレッド分を乗せて表示しておいて、実は実際には社内処理でどこにも取引発注をしないことをいいます。

競馬などで私設の投票を行って配当を出すとの似たような行為というわけです。

国内のFX業者にはこうしたものが果たして存在するのでしょうか?

Sponser Link

独自のディーリングデスクがやっていることはきわめてこれに近い

国内の業者のほとんどは社内にディーリングデスクを置いて、いわば顧客と反対売買をするところが多く見られます。

まず同一通貨ペアでは顧客をたくさん抱えていれば売りと買いがでますからそこで相殺させることができ、残りの部分だけカバー先のインターバンクに発注するということができるわけです。

そのためにディーリングデスクを置いていると説明する会社がほとんどなのですが、本当にやっていることはそれだけなのか?という疑問が付きまといます。

恐らく金融庁もこの点については非常に興味をもっていると思いますが、どれだけ社内で相殺にすることが認められるのか、あるいは外部のカバー先に出したボリュームがどれぐらいなのかを一般に開示している業者はないのが実情です。まずこの部分が実に疑わしいといえるわけです。

固定スプレッドなどカバー先との取引を考えればありえない

NDDと呼ばれる、すべて顧客からの発注を外部業者に出してそれにマージンを乗せる方式をとっている業者と取引をしますと、とにかくスプレッドがめまぐるしく変化しているわけで、インターバンクとの実取引に固定スプレッドというものはありえないことがわかります。

つまり原則固定スプレッドというのは業者によって作り出されている相対契約用の価格であるということです。

ですから1000通貨単位や1万通貨単位ではまったく問題なく取引できるわけですが、1回に200万通貨などといった取引をしますと、実は一部しか約定しなかったり、すべてがうまく約定しなくなるといった通常の個人が経験しないような障害がではじめるのです。

こちらは明らかに業者もリスクがあるのでカバー先に出しているのだと思いますがボリュームが増えると取引可能状況がかなり変化することだけは間違いありません。

参考:NDD方式は本当にユーザーにやさしいのか

放置しておいても90%以上の顧客が自滅するのが疑いの原因

この業者の呑み行為が常に疑われるのは、個人顧客の取引状況によるものが大きいと言えます。

ご存知のように個人投資家の90%以上が証拠金をほとんど無くして3ヶ月前後でマーケットから退場するケースが多いからです。要するにカバー先に出さなくても様子を見ていれば自分で取引を失敗して脱落していくというわけです。

ある意味個人投資家と反対方向にディーリングデスクが反対売買をしていれば実は大もうけになっている可能性もあるのです。

この場合には純然たる呑み行為ではありませんが、発注はどこにもカバーに出していないことには変わりはありません。

なにかと叩かれることの多い海外のFX業者には呑みが多いといわれています。

400倍、500倍といったハイレバレッジでボーナスまで顧客を取り込んでも結局証拠金を使い果たさせるのが大きな目的になっているからで、構造は確かにこれとは違うものの、こうした業者は2016年1月のスイスフランショックの時にもほとんど損失を被らずに済んでいるのです。

考えて見ると、スイスフランということもありましたが、国内の店頭FX業者にもほとんど影響がでていません。

穿った見方をすれば外のカバー先に出していないから問題が起きていない可能性も否定は出来ない状況です。

最大手のGMOクリック証券(FXネオ)などはやはり値とびを起こして追証をもとめられた個人投資家もいますので、こちらは確実に外部との関係が問題が起きていることを示唆している状況です。

この問題はどこまでがDD方式と呼べ、どこからが呑みなのかの線引きによってかなり難しい判断になりますが、そもそもDD方式というのはほとんどが日本の業者だけで行われていることだけに疑惑は高まるものとなることは事実ですね。

関連記事:FX業者のNDD方式とDD方式の違いとは【ストップロス狩りが発生する原因】

呑み業者が気になるなら取引所くりっく365で

呑み業者と取引をするのはやはり気分が悪いです。

こちらが勝てばFX会社が損をするわけですから、何かにつけて、約定拒否やスプレッドを広げてくる可能性はあります。

もちろん、あまりに目立ってしまうと検挙させられてしまうと思いますが。

呑み業者が気になる場合は取引所取引のくりっく365の利用をするのが確実です。

くりっく365はGMOクリック証券(くりっく365口座)等ででき、取引所取引なので、呑み行為はできません。

くりっく365は10,000通貨単位でしか取引ができませんが、スプレッドも狭く、スワップも高いので、質は高いです。(参考:くりっく365はスワップ目的でおすすめできるか?

もしくは、海外にはなりますがNDD方式のXMなどの海外FX業者を利用するのがいいでしょう。(参考:海外FX初心者の始め方

レバレッジ888倍、追証不要なので、スプレッドは広いですが、ハイリスクハイリターンな投資に適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください