なぜ、売りを入れるとスワップを支払わないといけないの?

FXで低金利通貨を売って高金利通貨を買うとスワップポイントが貰え、逆に高金利通貨を売って低金利通貨を買うとスワップポイントを取られることは殆どの方々がご存知のことと思います。しかしなぜこうした支払が発生するのかについて正確に理解し答えられる人は意外に少ないものです。今回はこの点について詳しくご説明してみることにしましょう。

まず日本人投資家にはもっとも馴染みの深い高金利通貨として豪ドルがありますが、この豪ドル円を買うということは、将来的に円を支払って豪ドルを購入し受け取るという約束をしていることと同じ状況を作り出しているのです。つまり円を借りて豪ドルを貸しているという状況と同じことをしているといえるわけです。したがって借りている円の金利が安く、貸している豪ドルの金利が高ければその差額というのもが得られることになるのです。これがスワップの考え方ということになります。

それでは豪ドルを売って日本円を買う場合はどうでしょうか?金利の高い豪ドルを借りて金利の高い円を貸している形になりますから、結果的にその貸し借りの通貨の金利分を逆に支払わなくてはならなくなってしまうということです。円の場合は世界でも有数の低金利通貨でほとんど利息はないようなものですから高金利通貨を売って円を買った場合にはかならずスワップを支払うことが必須となってくるのです。こうした通貨の貸し借り関係で考えてみるのがもっとも理解しやすいものなのではないかと思います。

したがって、スワップポイントは対象となる通貨を発行する国の中央銀行の政策金利に準じた形で支払われることになりますが、店頭FXなどの場合には業者と個人との相対取引になりますので、売りにも買いにも一定のマージンが含まれることになるため、高金利通貨を売って低金利通貨を買った場合はそこにマージンが乗ってくるため金利差以上の支払を求められることが多くなるのです。

一般的にもらえるスワップポイントの高い業者の場合には逆に高金利通貨を売った場合には支払うべきスワップポイントも大きくなるのが殆どですので、売るという場合には注意が必要になります。

またこうしたスワップの支払は売りでポジションをとったまま何日もそのまま保有し続けますとボディブローのように効いてくることになりますので、売り持ちしていくのには結構注意が必要となることは言うまでもありません。しかもこのスワップポイントは業者ごとに実に金額の異なるものとなってしまっていますので、どこの業者を利用することが適切なのかよく比較検討することが重要となります。

もちろん高金利通貨を売ること多いのであれば逆にスワップポイントの低い業者を選択するというのもひとつの考え方になります。こうしたスワップ金利のやりとりはインターバンク市場も同様に行われているものであり、国も業者も問わずに同様の金利の受け取り払いが行われています。

ただし海外の業者の場合、その業者がどこの国なのかによって入金した証拠金と自国通貨との関係も含めて特定の通貨ペアでは売りも買いもマイナススワップになることがありますので、すべてが売りか買いにスワップのつくものだと認識していると間違いになってしまいます。その業者の存在国の通貨ベースで考えるケースもあるのです。

これもまたなかなか判り難いスワップの現状のひとつということができそうです。たとえばキプロスの業者の場合ドル円はドルを買っても円を売ってもスワップは支払うことになってしまうといった不条理な問題がおきることがあるのです。これは海外FX業者を利用したときにレバレッジは高いものを利用することができるのに、その代わりとして頻繁に起きる問題といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください