くりっく365のメリット・デメリット

くりっく365はスタート当初は店頭FXに比べて大きな税務上のインセンティブが与えられていましたが、直近の状況では店頭FXの取引もくりっく365に与えられていた税務特典が同様に適用となったため、圧倒的な優位性というものはかなり薄れてしまった状況にはありますが、次のようなメリットが考えられます。

くりっく365のメリット

<取り扱い会社選定の厳格化>

くりっく365を扱う業者にはより厳格な選定基準が適用されています。まず資本金は3億円以上が必須要件となっており、純資産は20億円以上、自己資本規制比率は200%となりますから、財務状況のかなりいい会社がだけがくりっく365の取り扱い会社となることができるのです。

<東京金融取引所が取り扱い会社を常にチェック>

くりっく365の取り扱い業者についてはつねに東京金融取引所(金融取)がその業務状況をチェックしてくれていますので、突然の倒産や破綻などのリスクは極めて低くなっているところも大きなポイントといえます。

<証拠金は金融取へ預託>

投資家からの証拠金は法令により全額金融取に預託されますので、店頭FX業者の金銭信託を同様の効果を発揮されますので、万が一の取り扱い会社破綻となった際にも原則として保全されるため安全性の高い取引といえます。

<取引はすべて金融取引につなげられること>

店頭FX業者のDD方式のように業者内で売買を飲むことはなく、すべての売買は金融取引に繋がっているため取り扱い業者が破綻することがあってもその時点の建て玉はしっかり決済できることになります。

<相場価格提供の透明性>

くりっく365から提供される買いと売りの価格は三菱東京UFJ、野村證券、コメルツ銀行、バークレイズ銀行、ゴールドマンサックス証券、ドイツ証券の6社のマーケットメーカーから提示される価格の中のベストプライスが常にそのままの価格で提供されるため店頭FX業者におけるNDD方式と同様にかなり透明性の高い取引を実現することができるのです。

また、これに伴って不可解なスリップが生じたり約定拒否がでたりすることもないのが特徴となています。

<スワップポイントは往復ともに同一ポイント>

通常店頭FX業者はスワップポイントについては買いと売りにマージンをのせるため、その金額が大きく異なるのが常となっていますが、くりっく365では往復ともに同じポインになっていることも透明性を高めています。もともと金利ですから買いと売りが同じポイント数のプラスマイナスになるのは当たり前のことなのですが、これがくりっく365では実現しているのです。

くりっく365のデメリット

<取引手数料は一部業者で依然存在>

当初からくりっく365には応分の取引手数料がかかるのが大きなデメリットになっていましたが、一部の業者では取引手数料無料を打ち出しているところもあり、一概にはデメリットとは言えなくなってきているといえます。ただ、一方でかなり高額な手数料を徴収する業者も存在するので注意が必要となります。

<通貨ペアは最大23に制限>

店頭FX業者でもこれ以下のところがありますからこちらも厳密にはデメリットとまではいえませんが、23の通貨ペアしか用意されていないため、新興国通貨でスワップを稼ぎたいとか外貨同士の通貨ペアで取引したいといった需要を満たすことはできません。

<スプレッドは全ての通貨ペアで大きめ>

ドル円で0.3銭といったスプレッドが店頭FX業者の常識になっている中にあっては2銭から3銭があたりまえですからスキャルピングなどに向いている口座とは決していえないのが実情です。

<1万通貨単位からの取引>

残念ながら取引単位も1万通貨からになりますので、小額の証拠金による取引はできないのが実情です。以上のようなメリット、デメリットがあることをよく理解して取引することが肝要です。

関連記事:くりっく365におすすめのFX会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください