FXは本当にリスクが高いのか?リスクを下げる方法について

FXは本当にリスクが高いのか?実際のところを分析してみました。

FXはレバレッジをかけることができる

FXは証拠金にレバレッジをかけて売買する差金決済取引です。

通常株式ならば100万円もっていれば額面100万円の株式を購入することができますが、FXであれば同じ100万円を利用して、個人投資家であれば25倍のレバレッジを活かして最大2500万円の取引が可能になるわけです。

もちろん相場が上下しますから多少の余剰資金も必要となりますので、2500万円満額の売買はできませんが、株価に比べればかなり資金を効率的に投資にまわして、しかも大きな取引ができることは間違いありません。

ただし、利益も25倍のレバレッジになって入ってくる反面、含み損をかかえると同じく25倍に増幅されてしまうところが逆にリスクとなるのです。

ですから、売買のポジションを立てて含み損がでてもそのまま放置しておくことは大変大きなリスクとなることは言うまでもありません。こうしたことからFXはリスクが高いといわれる方も多いのですが、一定のルールにのっとって売買をしていけばそれほどリスクは大きくないのが実情です。

しっかりと損切のルールを作ればリスクは下げられる

たとえば常に預託した証拠金の5%以内に含み損を抑えるようにして、それを超えたら躊躇することなく損切りを行うといった自主ルールを徹底することができれば、周囲の人達が考えるほど大きなリスクにはなりません。

しかしポジションを放置してもとの価格に戻ることを期待してしまうと大きな損害に繋がることは間違いないのです。ほとんどの新規参入の個人投資家が、こうした証拠金の厳密な管理ができないために大きな損害を出して、結果として投入したほとんどの資金を失って市場から撤退を余儀なくされることになるのです。

これまでFXを通して巨万の蓄財ができた一流のプレーヤーも口を揃えて言うのが、FXで設けるのならばとにかく証拠金を減らさないことだということです。そのぐらい損を膨らまさないことがFXでは儲けること以上に重要なポイントとなっているのです。

このことをしっかり意識できていれば、すべてのポジションにきちんとストップロスを置くことでリスクをヘッジすることができますし、大きな利益チャンスが来たときにしっかりと証拠金を投資金として有効活用することができるようになるのです。

スキャルピングもリスクをとらない?

また最近ではスキャルピングといった、ごく短時間での売買により少ない利益を積み上げていく売買方法をとるトレーダーも増えており、こちらも大きなリスクをとらない売買手法として注目されています。

短期間での売買ですから、仮にトレンドと異なる方向で売買をしても利益をとることができますし、ポジションをとった途端に違う方向に動いていくことがわかれば即損切りをすることで大きなやられを生じないといったメリットもあるのです。

参考サイト:スキャルピングFX手法の極意

FXは購入した通貨ペアが上にいくか下にいくかを予想して売買するだけですから確率論的には成功率は50%となりますが、単純に自分の勘だけで売買したのでは単なる博打にしかなりません。

しかしチャートを見ながらトレンドをチェックし、売買の参入ポイントをしっかり確定して、さらにファンダメンタルズの情報などもベースにして投資を行っていけば、特別FXだけが大きなリスクになる投資法ではないのです。

暴落は株価にもついてまわるものですし、最近では債券ですらリスクを伴うものになってきているわけですから、きちんとルールをまもって売買すれば決して危ない投資法ではありません。

むしろ少ない原資から利益をあげて大きな資産を形成するためにはもっとも近道になる投資法であるということができます。単なる見かけからの食わず嫌いではなく、実際にFX取引をしてみれば、その魅力と利益機会の大きさをしっかりと認識していくことができるようになります。

ただし、常に最新の情報を入手し、為替の動きに敏感になっていく感覚をもつことは求められる投資であることは間違いありません。

スワップ狙いでレバレッジをかけないこともできる

FXはレバレッジをかけることができるというのがメリットの一つですが、最近ではレバレッジをかけずにスワップ金利を得るためのトレード手法も人気となっています。

レバレッジをかけなければ外貨預金と同じなのですが、FXのほうがコストが低く、またスワップ金利も高いため、南アフリカランドやトルコリラといったFX市場が整備された新興国通貨を中心にスワップ目的での投資がされています。

参考:FX高スワップ金利比較【スワップ金利で稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは】

毎月○○円ずつといった積立投資法も可能ですので、デイトレードが性に合わない方にはおすすめですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください