ループイフダンとは何か?どんなメリット・リスクがあるのか?

FXの経験がない人にとっては、「ループイフダン」とは何やら呪文のように聞こえて珍紛漢紛だと思います。

また経験者でも、実は未経験という人が多いはずです。私も数年前まではその一人で、実は言葉を聞いた事がある程度の知識しかありませんでした。

ループイフダンとは

ループイフダンとは、「IFD注文」を何度も自動で繰り返す事です。云わば、サラリーマンなど兼業の投資家で、常に相場を監視する事が不可能な人には、まさに打って付けの注文方法だと言えます。

なぜなら素晴らしい手法を発見しても、実際にそれを繰り返すには相場に張り付く必要があります。特にFXは24時間動いていて、東京・ロンドン・ニューヨーク時間という相場が激しく動くとされる時間帯があります。それらを常に警戒しながら、戦況を見つめ相場と対峙をするのは実現不可能な事なのです。

ここで「IFD注文」について、解説します。一度に二つの注文をして、最初の注文が約定すると次の注文が自動でされている事です。「ループ」という単語が頭についているので、ある一定の値幅内ならレンジ相場や上昇(下落)相場に強く、上手な作戦があれば面白いように利益を積み重ねる事が出来ます。

ループイフダンのナンピン危険性

投資の世界では絶対という言葉がありません。また慢心や謙虚さがなくなると、あっという間に全てを失う危険性があります。

完璧な手法が存在しないので、ループイフダンという便利な注文方法でも穴があります。

それは、この注文は利益が出ている時は良いのですが、予想と逆に動くとナンピンをするという事になります。

ナンピンというのは、株やFXなど投資に用いられる手法の一つで、買い建てた後に価格が下落したら、更に買い増しし平均買い建て価格を下げる事です。その後に価格が上昇をすれば、一段と儲ける事が出来るのです。

しかし、逆に更に下がってしまうと損失が大きく膨らむデメリットがあります。

ループイフダンは自動のナンピン投資法でもあるので、重要なのはお金を管理するリスクを危険に察知する能力が必要なのです。よって、相場から退場させられるロスカットを避ける為に、余裕ある資金でどんなに相場が急激に動いても安心できる範囲で注文をするのが一番大事だと言えるでしょう。

ループイフダンの弱点を強みにする

ループイフダンを深く掘り下げると、ナンピン以外にもいくつかのデメリットと言っても問題がない点があります。それは、売買システムが少なく、扱っている通貨ペア数も少ないという事です。例えばナンピンというのは上記した様に、損切りをして負けを認めずに建て数を増やす事なので、損失が拡大する恐れがあります。

売買システムに関しては、ループイフダンを扱う証券会社は最大手のアイネット証券やM2J、ひまわり証券、FXブロードネットなどとなっています。大手も参入してきていますが、まだ少ないのが現状です。

参考:ループイフダン系サービスFX会社別比較検証

また、スプレッド以外に取引手数料を取られる事が多く、これが一番の問題とも言えます。普通のFXの取引では考えらない、手数料が徴収されるので、狭い値幅の範囲でループイフダンをすると、戦略が成功しても結果的にマイナス取引で終わる事もあります。

扱う通貨が少ないのも難点ですが、これに関してはメジャーなドル円やユーロ円などの通貨が使える証券会社が多いので、問題ないでしょう。

これらの弱点を克服する為には、資金管理という事になりますが、それ以外にも備わっている機能を上手に使う事が大事になってきます。例えば、最大ポジション数を設定する事で、取引数を制限する事が出来ます。

これは初心者は絶対に使用するべきです。損失が膨らむ可能性があるポジションを持つという事は非常に危険なので、そのリスクを調整するべきです。

また、最近は新機能として損切り注文ができる「セーフティ機能」が備わっているFX会社も多いので、この設定をする事で指定された含み損以上になる事がないので、安心して取引ができます。

ループイフダンは便利な取引ツールなので、上手に使えば利益も大きく相場を上手に利用する事が出来ます。しかし、便利なツールは時として危険な面もあり、細心の注意を払って取引する事が重要な事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください