FX初心者への豆知識カフェ

FX・為替に関する豆知識ブログです。初心者に役立つ情報から上級者も知らないようなコアな情報まで幅広く書いています。

個人でもFXの確定申告をしないとばれる?【損失を繰越しよう】

      2017/01/30

いよいよ今年も確定申告時期となりましたが、よく聴かれる話なのがFXは確定申告しなくてもばれないのではないかと言うことです。し かし、これは十分に注意しませんと、とんでもないことになってしまいます。

というのもすべての国内の店頭FX業者、取引所FX業者は自社で利益がでた人物のリストを税務当局に提出しているからです。ただし複数の業者を利用した場合には、かならずしも最終損益で利益が出ているかどうかは分かりませんので、名寄せに時間がかかることはありますが、ある程度利益がでている投資家には集中的に税務調査が入り、今年問い合わせがこなくても過去3年にさかのぼって納税をもとられることになりますので、放置しておくのは大変です。

Sponser Link

お目こぼしは雑所得として年間20万円まで

このFXの利益は雑所得として扱われますので、他に同種の所得がなければ20万円までの利益は申告せずに済むお目こぼしがあります。ただし、これも他の所得との合算で20万円を超える場合にはしっかり申告することが重要となります。

たとえ30万の所得でも20%プラス復興特別所得税0.315%で7万円弱の税金を支払う姿勢を見せれば基本的には善良な納税者として扱われるようになりますので、くれぐれも税務署からお伺いがきて税金を支払うようにだけはならない配慮が必要となります。

9割のFX個人投資家は儲けのことを心配するよりも損失のことを申告するのが先

さて、こうした納税で脱税にならないように心配しなくてはならない人は全体の1割しかいないのがFX取引の現実です。そのぐらい儲かっていない人のほうが多いのです。

しかしFX取引の場合には、確定申告でこうした損失をもっている人のためのインセンティブが用意されているのです。これは店頭FXでも取引所FXでも別々の口座で運用した年間の損益をまず通算が可能となります。個別の収支を足してみて損失がでた場合はそれを確定申告時に記載しておけば向こう3年間は損失の繰越ができるのです。

たとえば、初年度300万損失がでてもこれを申告さえしておけば次年度に500万利益がでてもそこから300万差し引くことが可能となり、翌年の利益は200万円とみなされることになるのです。残念ながら次年度も100万しか儲からなかったときには残りの200万円は翌年以降に繰越が可能となります。つまり損失は翌年以降最大3年間まで繰り越して損益通算ができることになることだけは利益がでなくても覚えておくといいのではないでしょうか?

マイナンバー制の導入でまったく逃げ場がなくなる可能性も

2016年からはいよいよマイナンバー制が導入されますので、益々こうした利益に対するトラッキングが厳しくなることが予想されます。とにかく確定申告をしないでなんとか乗り切ることを考えるよりは税金分をさらにしのぐような利益を上げることに力を入れたほうがいいのではないかと思います。

また利益がでたら必ず2割は預金に残してきちんと税金が払えるようにしておくことも重要です。多額の利益がでてもすべて使ってしまって納税ができないのではお話にはなりません。今後こうした点については益々気をつける必要がありそうです。江戸っ子は宵越しのお金はもたないそうですが、くれぐれもそうしたことにならないように気をつけることが必要となりそうです。

参考:マイナンバー制導入に伴うFXの確定申告などの影響について

現実に確定申告の対象となるのはほぼ5万人以下

このFXの利益ですが、実際国内のアクティブユーザーはほぼ50万人程度と言われており、その1割が年間での利益にありついているのが実態ですから、多く見積もっても5万人しか確定申告を行っていないことになります。逆にいえば儲かった人間のリストをおいかければあっという間につかまることを示唆しているわけです。

ことFXの儲けに関する限り利益がでてしまったら必ず税務署にトラッキングされると思っておいたほうがいいのではないでしょうか?そのぐらいレアな存在なのがFX投資家で儲かっている人と言えるのです。

より確実な情報は税理士に相談すること

FXで確定申告が必要なケースでもあまりに少額であれば、確かに税務署に目をつけられる可能性は低いです。

ただし、上記のとおり、必ず税務署にトラッキングされていますので、FXで儲かっているのであれば、どこかのタイミングで正直に確定申告をしておいた方が良いでしょう。

より確実なのは税理士に相談することです。税理士費用はかかるのですが、確定申告が必要なのか、パソコン代やスマホ代金、自宅の賃料、交通費などを経費に入れることができるか、専門家に相談しておくのが確実です。

恐らく、税理士費用は個人であれば、1万円~3万円ほどで確定申告をしてくれると思われますので、FXで大きく利益が出てしまったら、相談しておきましょう。

税理士の検索は税理士ドットコムがおすすめです。

例えば、個人でFXで確定申告が必要な旨と、予算を提示すれば、適合した税理士を紹介してくれます。

税務署にトラッキングされて、追徴課税や罰金を払うリスクを考えて決めるようにしておいた方がいいでしょう。

FXの確定申告も税理士ドットコムで最適な税理士選び






堅実な投資をまとめた無料メルマガが完成しました。

>>ローリスクハイリターン投資をまとめた無料メルマガ

リスクをできるだけ低く、堅実に投資で収益を上げたいという方に役立つメルマガになっています。参考にしてください。







スワップ利回り10%超のトルコリラFXの魅力とは



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

くりっく365におすすめのFX会社【GMOクリック証券】

くりっく365自体は金融商品取引所が設定した条件が横並びで適用となっているため、 …

ロンドンタイムのFXの特徴【市場ごとの為替相場の変化に気をつけることが極めて重要】

デイトレードで長時間相場を見ていますと、必ず感じることになるのが、東京タイムから …